トリップウォーカー
index > B級観光案内所 > 六甲アイランド
兵庫県神戸市には2つの大きな人工島があります。



ポートアイランド
六甲アイランド



理想の街を造ろうと
山を削り海を埋め立て完成した
2つの人工島。



その1つ、六甲アイランドに
AOIAという巨大な娯楽施設がありました。



約50本のウォータースライダーを抱えた巨大なプールと巨大な遊園地。



プールをダイナバーン、
遊園地をダイナボックス、
2つひっくるめてAOIAと呼ぶんだっけ?

そこんとこは詳しく知らないので各自で調べてもらうとして、
AOIAは神戸の新名所として華々しくオープンしたのでした。





1993年の夏、友達が持っていた招待券で一度だけ行ったことがあるのですけど
中が具体的にどんな風になっていたのかは良く憶えていません。

ウォータースライダーが面白かったことと、
屋内のアトラクションに入場しようとしたら
「ビーチサンダルの人は入らないで下さい」と拒否されてしまったこと、
その2点しか記憶にありません。





しかし、オープンからものの数年もしないうちに阪神淡路大震災が発生。
2つの人工島は沈みかけ、
AOIAも大きな被害を受けました。


建設費を取り返していなかったのでしょうか、
AOIAは再建を断念し
実にステキな巨大廃墟になりました。









それからさらに数年、私の通っていた高校が
六甲アイランドの、ちょうどAOIAの向かい側に移転しました。
私の教室からはAOIAを望むことが出来ました。


あぁ、中に入ってみたい。
水の流れない恐怖のウォータースライダーを滑ってみたい。
もう二度と動かない遊具を見てみたい。

などと思いつつも実行出来ぬまま卒業したのでした。
たまに警備員らしい人が入っていくのを見たので、
廃墟といえど一応は管理されていたようです。







それから約2年と少し、
「AOIAの解体が始まっている」
という話を聞いた私は
解体が終わらないうちに……と
足を運びました。




島の最南部である六甲ライナーマリンパーク駅。
高校以外には特別、何もないところなので
この駅で降りる人は数えるほどしか居ません。

マリンパーク駅からしばらく歩き、AOIA前まで来たのですが……



















解体されてしまっている!

この青い建物はAOIAの立体駐車場です。

立体駐車場

「解体が始まってる」んじゃなかったっけ?

既に立体駐車場しか残っていません。
この砂色の土地にAOIAが存在したはずなのですが……。

何もない

あぁ、やられたよ……。
今年の1月、この近くへ来たときは未だ手付かずで残っていたのだけど。

写真では判りにくいですが、跡地に雑草が伸びていることからすると
解体されてから結構な時間が経っているのでしょうか。









そういや高校生のとき、マラソン大会か何かでAOIAの南側へ行ったとき廃墟らしい建物を見つけたんだっけ。
あのときは学校のイベントの途中だったし、横目で見ながら通り過ぎただけだったけど
今でも残っているのだろうか?

悔しさに顔を歪めながら足を進めます。







レストラン


あった。


ネオンサインが何と書いてあるのかは限りなく読めませんがレストランのようです。
「海の見えるお洒落なレストラン」ってところでしょう。

しかし、ここだけ見るとただの定休日に見える……?

階段を上ってみると

外観

強引に封鎖されています。
ただの定休日じゃここまでしないよね。
ここは永遠の定休日に入っています。



かつてはAOIA帰りのカップルがここで海を見ながら食事をしたのでしょう。
が、AOIA亡き今、人工島の最南部まで来るようなカップルは居ないでしょう。
遊ぶところなんて何もありませんし、海を見るならポートアイランドあたりへ行った方が良いでしょうし。



看板

「景色がおいしい、気軽がおいしい」というキャッチコピーがイカス。
廃墟を見ながら良い人と食事をしたかった……
じゃなくて、他にも何か書いてありますが読めませんね。
メモしておけば良かった。




南から

レストランから少し西へ歩いたところ。
ここから立体駐車場が見えるようになろうとは……。




再開発

そしてさらに西へ歩いたところでは新しい建物の工事が既に始まっていました。
貴重な巨大廃墟を解体して新しいものを建てて何が楽しいのさっ!

あぁ、憎たらしい。
石でも投げようと思いましたが人が居たしバカらしいのでやめときました。





シーバス外観

もう少し西へ歩いたところにある建物、神戸シーバス。
外観は先のレストランと似ています。

シーバス内部

内部は綺麗なようですが、しばらく放置されているような雰囲気です。

シーバス内部2

人の影が見えるけど、心霊写真ってことで。




入り口は施錠されているし
ガラスの壁(?)に阻まれているしで中には入れませんが
そのガラスに張り紙があります。
内部から張られていました。

シネマライン

なんと、いくつかの地点が船で結ばれているようです。
2001年3月に開設された航路らしいです。

御案内

4便だけ。
過疎の町を思わせます。
(上記二枚はクリックすると拡大します)



アルバイト募集

その隣に張ってあったアルバイト募集を見て愕然。
アルバイト募集の紙があるのも驚きですが、
平成13年5月31日といえば昨日じゃないか!?
昨日、ここに誰かが来て内部からこの紙を張ったのだ!
なんというニアミス。悔しい。

しかし、こんなところに張り紙をして誰が見るのだろう?
ジョギング中の人か、海釣りの人か……。

で、船の綱取りは経験があるのですけど
そこそこ疲れるものの数分で終わる楽な仕事です。
しかし、時給は良いけど交通費なしだし
18時から19時30分まで時間が空くね。
食事をするには長いし、
島の中心部まで遊びに行くには短いし。
なんか微妙なアルバイトです。
そして4勤2休って何?
日曜日を除いて週に4日出勤しろ、ってこと?

まぁとにかく、神戸在住のあなた、申し込んでみません?
私はヤですけど。



あ、このシネマラインは7月1日から8月31日までしか運行されないのかも?
でも、そんなんだったら3月に開設したりしないよね……。
春休みや夏休みといった長期休暇時だけ?
せっかくのインターネットですから、存分に利用して調べておきます。

まぁとにかく、神戸シーバスは廃墟とは違うようです。
もしかして、先のレストランは神戸シーバスが動いているときにだけ開店されるのかも知れない。
7月になったらもう一度ここへ来てみようか。













ところで、この島は雑草がやたらと目立ちます。





雑草

とある交差点。



お洒落

川のある、のどかな風景……なのだが。










ネイティブブロンドの娘がサングラスをかけ
へそ出しスポーツウェアに身を包んででジョギングをしていても、
親子連れが川で水遊びをしていても、
スタンドでホットドッグが売られていても
何の違和感もないお洒落で多国籍な街という一面を持ちながら、
一方では確実に雑草の侵食が進んでいます。








六甲アイランド。
先進と退廃という二面性を持ち合わせた人工島。
かつて人々が夢見た理想の街は現実になったのだろうか?



ツイート
ページのトップへ
サイトのトップへ
Copyright(c) 2007 〜 TripWalker