トリップウォーカー
index > 商店街大好き! > 畑原市場つまみぐいさよならツアー (2020/03/20)
< 前 (1 / 4) 次 >

畑原市場つまみぐいさよならツアー

 それは1年前、ある商店街を散策していましたらそこでお店を営んでいらっしゃる方に声を掛けられまして、そこから付き合いが始まり1年経った頃ちょいと飲みに行くことになりまして、その飲み屋でたまたまお会いした方に「畑原市場がなくなる」というお話を聞きまして。
 神戸市灘区、水道筋と呼ばれる地域にある「畑原市場」です。大正末期、神戸に水道管が通され、その上にあるから「水道筋」だそうです。



畑原市場つまみぐいさよならツアー

 ネットで情報を集めましたら、「つまみぐいさよならツアー」というイベントが開催されることを知りました。水道筋の商店街や市場のお店で食べ歩きをしましょうというイベントを毎月開催されているようで、畑原市場の閉鎖に合わせた特別回ということでした。これは参加してみるしか!



畑原市場つまみぐいさよならツアー

 というわけで2020年3月20日の朝10時前、集合場所の西灘文化会館へ訪れたのでした。ここまでの写真はそこに飾られていた1979年頃の航空写真と模型です。模型……欲しい!



畑原市場つまみぐいさよならツアー

 灘を極めし者「ナディスト」慈(うつみ)さんと神戸ゲストハウス萬家(マヤ)を経営されている朴(パク)さんのガイドで進みます。参加者は12名。NHKの取材班も来られていました。



畑原市場つまみぐいさよならツアー

 畑原市場の中に入ります。前日のテレビのニュースで畑原市場の様子がわりと長く流れたそうで、それを見た人がいっぱい来るかも? とのことだったのですが、朝早いからかそれらしい様子はありませんでした。



畑原市場つまみぐいさよならツアー

 こんなときでも店名看板が気になります……「ロマンスチェーン 寝具ヨシダ」。ロマンスチェーン! 何その魅惑的な響き。ロマンスと寝具、直球でんな。



畑原市場つまみぐいさよならツアー

「ろ 路地で迷いました」……というかるたが気になるのですがちょっと置いておいて、お客さんたちのメッセージがいくつも貼られています。畑原市場は大正7年開設とのことで、それは1918年、つまり100年以上の歴史がある市場なのですね。家族何代にもわたって畑原市場で買い物をして来たという方もいらっしゃることでしょう。思い出は無数にありますよね。



畑原市場つまみぐいさよならツアー

「畑原市場大感謝会」ということで2月頃から色々なイベントが開かれていたようです。「西灘生まれのカメラマン岡本康司氏」の写真教室も開かれたとのことで参加者の撮影された写真が飾られていました。



畑原市場つまみぐいさよならツアー

 さてさて食べ歩きの1軒目です。「佐藤とうふ店」。



畑原市場つまみぐいさよならツアー

 うはぁ懐かしいー。昔はこういうステンレスの流し台に水が張られてそこに豆腐が浸かってましたよね。ここではパッキングされているようですが、私が子供の頃は豆腐がそのまま入れられていて、すくい上げて薄いプラスチックの容器に入れられ、よく分からない機械に通すと袋に包まれた状態で出て来てその様子を見るのがすごく楽しかった覚えがあります。



< 前 (1 / 4) 次 >



Tweet
ページのトップへ
サイトのトップへ
Copyright(c) 2007 〜 TripWalker